LIZZARD WIZZARDの日本 ツアー

English

翻訳: Daigo Niioka

もしも君がガキの頃に、親のNatty Ice(ビールの銘柄)を拝借して、ボングで大麻をキメながら友達とダンジョンズ&ドラゴンズを遊んでたナードな記憶があるならば、彼らの音楽を聴いて良いもてなしを受けていると感じるはず。 日本ではゲームのタイトルや、ビールの銘柄が違うかもしれない。でもセンチメンタルな感情は同じだ。 今こそ10代の頃の栄光の日々を蘇らせる時だ。なぜなら、2017年9月に、オーストラリアのLIZZARD WIZZARDが神秘的x10なドゥームを引っさげて来日するから。

ブリスベンを拠点に活動にするこのストーナードゥーム4人組は、今年の新年明けに彼らの2枚目のアルバム、Total War Power Bastardをローンチさせた。これは彼らのセルフタイトルデビュー作に連なる、非常に良く練りこまれた作品で、汚らしくヘヴィーでグルーヴィーなリフ、ハンパないスクリーム、そしてヘッドバンギングしながら笑ってしまうような歌詞で覆われている。 ソングタイトルもそうだ。 「人を石に変える替わりに、人をストーンさせ、蛇の頭髪の替わりに、ヴェポライザーの頭髪を持つメデューサ。ドラッグ・・・」 「ダディー親父」 気に入らないわけない。



女王蜘蛛ロロスも賞賛するであろう凶暴な意志の力と共に、KaalaはSelf Deconstrruction, GxFxFx, Necropolisをサポートにブッキングすることにした。このレベル10の怪物達は、彼らの住処である、煙で蔓延しているダンジョンに俺らを陥れる! そしてもし彼らが誤って悪魔を召喚してしまったら、その時は逃げるのを忘れないように!!

個々のショウのフライヤーは、全てのラインナップが決まり次第完成します。 ですが、ほとんどのラインナップはすでに決まっており、何か変化があり次第お知らせいたします。それまでは、下記のショウスケジュールを参照にしてください。

ツアーフライヤーデザイン by Suzy Krueger